営業代行を頼もう!メリットを3つ教えます


その1.営業経費を変動費化出来る!

正社員として営業職を採用した場合、給与を支払わなければならずその費用は「固定費」になります。営業の成績に関わらず、決まった給与を支払わなければなりません。それだけではなく、正社員として採用した場合、採用のプロセスに関わる費用やパソコンや携帯代など、さまざまな経費も必要になり、これらの費用は、安易に調整することは難しいと言えます。しかし、営業代行を頼めば、それらの費用は外注費となり「変動費」として扱われます。変動費は、経営状況により雇用側で調整が出来ます。このことは、大きなメリットと言えるでしょう。

その2. 不得意な部分を強化出来る

会社により、利益を上げるための戦略に得意、不得意があるでしょう。例えば、商品の売れ行きがあまり良くないと感じた時、営業の成績が影響している場合があるかもしれません。そんな時、営業代行サービスを利用することで、その道のプロにより、自社では分かりづらかった営業活動や営業フォースで利益を上げることに繋がる場合があります。営業代行のサービスを終えた場合でも、これらのことなど教わったさまざまなノウハウを、今後に生かしていくことも出来、メリットのひとつと言えるでしょう。

その3.即戦力として使える

営業職と言うのは、お客様に商品やサービスの良さを知って頂く為に、さまざまな知識やテクニックなどが必要になります。その様な人材を育てるためには、教育する必要があり、それを行うに当たっては費用や時間がかかります。特に、新規立ち上げの場合などは、成果が予測出来ない中で予算を立て営業活動を行わなければなりません。このことは、リスクになる場合もありますが、営業代行に頼めば即戦力として営業活動を行うことが可能なので、リスクが軽減されるでしょう。

営業代行とは営業を代行することであり、商品を売るだけではなく営業活動に関する一連のことを含みます。ケースによって営業活動の全体だったり一部のみの場合があります。