時間を短く!倉庫を高速道路のインターチェンジの近くに建てる方が良い理由


インターチェンジ近くがポイント

倉庫の建設地を選ぶ際、どこにすれば良いのか迷ってはいませんか。倉庫を建設するのであれば、高速道路のインターチェンジ近くが便利です。それでは、どうしてインターチェンジ付近に建てるのでしょうか。

届けるまでの時間が短くなる

倉庫から出荷する商品を送る場合、消費者のもとへ早く届けるといいでしょう。なぜならば、商品が手元に早く到着すれば消費者のニーズに対応できるからです。消費者のニーズとは、商品を購入してから自宅に届くまでの時間が短いことも含まれます。特に、企業が継続的に商品を購入してもらうのであればモノの販売だけで終わらせてはいけません。商品の発送という物流の観点にも着目して利用者の満足を満たすことで、企業は利益を獲得できます。

ゆえに、商品の配送時間を少しでも短くするためには倉庫の立地場所は大きく影響します。この時、倉庫から高速道路まで一般道を走行するよりもインターチェンジの近くに建設すればそれだけ時間が掛かりません。なぜならば、高速道路まで入る距離が短いとそれだけ信号に引っ掛かる回数や渋滞のリスクを軽減できるためです。このように、インターチェンジ付近に倉庫を建てるのはメリットとなります。

インターチェンジ至近を目指す

倉庫の立地場所次第では、消費者に商品が届くまでの時間が変わるので企業活動が左右されます。従って、倉庫の建設に当たってはインターチェンジ付近に広々とした土地があるかどうか探してみましょう。利用者の要望に応じ続け、企業を存続させるためにも。

3PLとはサード・パーティー・ロジスティクを略した言葉で、企業が物流機能を第三者に委託をすることで荷主と運送会社、第三者間の合理的で利益となる仕組みをお互いに共有するメリットを見出します。