個人向けパソコンと法人向けパソコンとの違いとは!?


個人向けパソコンと法人向けパソコンの概要

パソコンと一口に言っても、個人向けパソコンと法人向けパソコンに分けることができます。個人向けパソコンとは、一般的に個人が自宅等で動画を閲覧したりネットショッピングを楽しむといったようにプライベートな場合に使用されるパソコンです。一方、法人向けパソコンとは企業で大規模なデータを管理する場合や高速な処理を必要とする場合に使用されるパソコンです。両者を比べると様々な違いが見られますが、パソコンを構成する基本的なハードウェアなどは大きな違いはありません。

両者を比較してみた結果

両者を比較すると以下のような違いが見られます。まず、法人向けは個人向けに比べ画面の綺麗さでは劣りますが、仕事で長時間使用しても目が疲れにくい仕様になっています。企業で動画閲覧や音楽などを楽しむことは少ないという想定で法人向けは製造されているからです。画質が劣るということで電力の使用量も少なく済むため、オフィスの電気代が節約できるという利点もあります。次に、セキュリティにも違いが見られます。法人向けでは顧客の個人情報や企業の機密情報を扱うこともあるため静脈センサーを搭載したモデルやデータを暗号化する機能を搭載したモデルなどが販売されています。

また、廃棄する際の費用にも違いが見られます。個人向けにはリサイクルマークが付いているため廃棄する際にはメーカーが無料で引き取ってくれますが法人向けにはそのマークが無いため、リサイクル費用の負担が生じてしまいます。さらに、衝撃度にも違いがあります。法人向けは上述の通り仕事で重要なデータを扱うため、強い衝撃を受けても多少のことでは壊れにくい設計となっているのです。

ビジネスパソコンは、文章を作成したり図を作成したりするようなソフトが入っていたり、プレゼン用のテンプレートが手軽に作れたりするという特徴があります。