引越は物を整理するベストなタイミングです!


使わないものから始めよう!

引越の際の一大作業と言えば荷作りですが、どこに何があるのかを把握していないと、何から始めて良いのか分からないといった場合も少なくありません。特に、何年も手を付けていない場所が何箇所もあると、気が遠くなってしまいますよね。そういった場合には、片付けと並行して荷作りを進めていくのが得策です。

日々使用しているものから荷作りを始めると、しまう、取り出すといったことを繰り返し、作業が進まないので、利用から遠のいているものや暫く触っていない場所から片付けて行くことがポイントです。先に片付いたものほど、荷作りでは直ぐに取り出せない奥の方にしまうことになりますので、荷作りの手順としても理に適っていますよね。また、どこに何があるのかを把握するのと同時に、要るか要らないかの判断も出来るので、作業もスムーズに進みますよ。

要らないものは手放そう!

引越時に頭を悩ませることと言えば、荷物の量が挙げられます。生活をしている時には荷物が少ないと思っていても、いざ荷作りを始めると意外に量があると感じることは少なくありませんよね。そこで、少しでも荷物を減らすために検討したいのが使用頻度の低い家具や家電です。既に古くなっていたり、引越先のスペースの問題で持って行けなかったりといったこともある筈です。無理をして持って行くよりも、手放して新しいものを買った方が安いこともありますよね。また、何年も使っていないものは今後も使う機会は訪れないと考え、手放してしまうと荷物の量は一気に減ります。不用品の回収や中古品の買取などを利用し、上手に物を処分することで出費も抑えられますよ。

不用品の回収業者はお願いすれば少しでも早く回収してくれたり、家中の大量ごみなどの回収も引き受けてくれる業者がいます。