自営業を始めたい?ビジネスモデルを考えよう!


利益を生み出す仕組みを考えよう

自営業を始めるときに最も重要なのは、これからどのようにして利益を生み出すかを必死に考えてアイディアを出すことです。典型的な自営業のやり方は商品を仕入れて販売し、その差額で利益を得るというビジネスモデルです。このようなシンプルなビジネスモデルを考えてすぐに成功できるのであれば多くの人が自営業で大金持ちになっているでしょう。そうならないのは開店しても誰も来てくれなかったり、商品を買ってくれなかったり、そもそも仕入れるのが難しかったりするからです。どんな商品を選ぶか、競合のお店と比較して何をメリットにして集客するのか、利益をどのようにして事業の展開に使っていくのかといったこともよく考えて仕組みを作りだすことが肝心です。

ビジネスモデルがあれば融資を受けられる

自営業を始めようとしたときにまず利益を生み出すビジネスモデルを考える必要があるのは、創業のための資金を調達するのに役に立つからです。全て自腹で操業できる場合には問題はありませんが、多くの場合には融資を受けて店舗を借りたり、内装を整えたり、最初の商品の仕入れをしたりすることになるでしょう。その融資を受けるために事業計画書を立てて、いかにして利益を生み出せるかを伝えるのが重要になります。その利益によって返済してくれるはずだと融資する金融機関側は考えるからです。なるほど、これは儲かるビジネスだ、と思ってもらえることによってスムーズに融資を受けることができて開業を達成できるようになると考えましょう。

フランチャイズとは、親会社から加盟店が店の運営に関するサービスや商品の利用などの権利を貰い、その代わりに一定の収入を加盟店が親会社側に支払うという仕組みです。