タイムレコーダーは従業員の視点で選ぶ?集計のしやすさで選ぶのがいい?


従業員の操作のしやすさに重点を置く

それぞれの職場では就業規則で始業時間と終業時間が決められていて、始業時間に遅れれば遅刻でしょうし終業時間前に帰れば早退になります。また終業時間後にも仕事をしたら残業となり一定の残業手当が支払われますが、それらの時間がきちんと把握できないと給料計算ができなくなります。このときに出勤時間などを記録するアイテムとしてタイムレコーダーがあり、初めて導入するところもあればこれまでのものから新しいものに変更するときもあるでしょう。もし従業員の操作のしやすさに重点を置くなら、ワンタッチで時刻が記録できるものが良いでしょう。鉄道利用時に使っているICカードをかざすだけであったり、指紋をかざすだけで時間が記録されるなら従業員の負担は増えません。

集計等勤怠管理のしやすいものを選ぶ

タイムレコーダーを使うと従業員の出社時間などがわかり給与計算の元になる情報が得られます。かつて主流だったのはタイムレコーダーにタイムカードを打刻するタイプで、このタイプだとタイムカードを回収して手で集計しそれを給与システムに入力する必要がありました。従業員が多い会社だと手集計や手入力があるのは大変なので作業を減らせるタイムレコーダーの導入を検討しましょう。従業員が打刻操作をしたらその都度そのデータをサーバに記録します。記録されたデータは給与計算システムに取り込まれ自動的に残業時間などが計算されて給与計算も行われます。すべてがタイムレコーダーを通じて記録されるわけではないでしょうが、手作業や手計算部分の多くを自動化できるでしょう。

タイムレコーダーは、日時をカードに印字することができる時計と印字機構を組み合わせた装置のことです。企業の出退勤時刻の記録用に使用されることが多いです。