どうする?いまどきの社員教育の在り方を考える


コミュニケーション能力を鍛える

いまどきの若者は、コミュニケーションが取れないと指摘されることが増えました。仕事に必要なスキルを磨くことは大切ですが、その前に人としてコミュニケーション能力を養うことが重要となってきているようです。その背景には、インターネットやSNSの普及が関係していて、なんでもメールで済ますようになっているので人と上手く話すことができなくなっていることが原因として挙げられています。

メールで済ますことの危険性

特に社会人においては、話の内容が「言ったか」ではなくて「伝わったか」が非常に重要になります。仕事の内容をメールだけで済ましてしまうと、相手方は確認しているかわからないままです。連絡事項だったらそれでもいいかもしれませんが、緊急度の高い内容や重要なことを伝える場合は、メールだけでなく電話でも伝えたほうが確実です。仕事を円滑に進める上で「伝わったか」は大事な要素なのです。

褒めるべきか叱るべきか

社員教育にあたり悩むポイントは、「褒めて伸ばす」か「叱って伸ばすか」です。それぞれのタイプによって使い分けるのが理想ですが、近頃の傾向としては叱って伸ばすことは少し危険が伴います。様々なハラスメントが問題になっている昨今、叱られたことのない打たれ弱い若者が増えてきているからです。だからといって褒めてばかりだと自分はできると勘違いしてしまいますが、叱られることにも慣れていません。バランスを見極めることが大事です。

柔軟な考え方が求められます

社員教育における考え方は、いまと昔で大きく変わりました。昔の考え方を押しつけるといまの若者は拒否反応を起こしやすいです。良き人材に育て上げるためには、時代に合ったやり方を見つけることが必要と言えるでしょう。

社員教育は様々な種類の教育方法が存在しますが、社外の施設などで寝泊まりしながら教育を行う方法が人気です。