外部委託する方が良いの?EC物流の作業を解説


EC物流の特徴や主な作業

ECはインターネットを利用して商品やサービスを売買することですが、これらの取引に関わる物流のことをEC物流と言います。1件当たりに運ぶ荷物の量が少ないですが、配送先の数が多くなるのが特徴です。

EC物流の流れは入庫から始まります。ECサイトの運営者から届いた商品を倉庫に搬入します。入庫伝票と照らし合わせながら間違いがないか検品も確認していくので正確さが必要となる作業です。検品を終えたら棚入れをします。どこにどれだけの在庫があるかを正確に把握することはECサイトのスムーズな運営に関わるので重要度の高い作業です。注文を受けたら商品のピッキングを行います。ECでは遠方の方へのプレゼントを贈る目的で利用するケースもあり、ギフトラッピングをすることも多いです。梱包を終えたら宛名シールを張り、配達業者に渡せば完了となります。

EC物流を委託するメリット

EC物流に関わる業務は、小規模なECサイトであれば社内で作業を行えても、規模が大きなものになると大きな負担となります。そのため、EC物流を外部に委託してしまうのも一つの方法です。

委託するメリットしてはノウハウがなくても導入できることが挙げられます。物流業務の運営には設備が整った倉庫や在庫管理システムが必要です。これらを1から用意しようとすると多くのコストが必要ですし、人材育成の手間もかかります。そこで、外部に委託することでリソースがなくてもスピーディーに物流システムを構築できるようになります。また、専門の業者に委託することで、梱包や棚入れなどの作業の品質を確保できるのもメリットです。異物混入などのクレームにつながる事故を防ぐことに役立ちます。

EC物流とは、コンピュータネットワークを通してやり取りされる売買と、それに伴う商品の流れをあらわす単語です。このシステムのみを提供する企業など、物流業界に新たな分野を作り出しています。