人材育成研修を実施しよう!内容はどうやって決めるべき?


人材育成は目的に基づいて実施するもの

人材育成は企業成長に直結する重要な取り組みですが、定期研修をルーチンで実施するだけになっていることはないでしょうか。人材育成ではただいつものように同じことを講義によって伝えるだけではそれほど大きな効果があるわけではありません。社内の人材にどのように成長してもらう必要があるのかを明確にして、その成長を遂げられるように研修で教育をすることが重要です。人材育成研修を実施するときには綿密に議論をしてどのような内容の研修にするのか、目標は何なのか、どのような指標によって研修効果があったと判断するのかを決めましょう。このような準備をしたかどうかによって人材育成研修をした意味があるかが大きく左右されます。

事業方針に合わせて内容を決めよう

会社の状況や事業方針によって人材育成研修に盛り込まれるべき内容も大きく異なります。大きな事業方針の転換があったり、業務改善の取り組みをすることが決まったりしたときには社員に求められることも変わるでしょう。特に研修をせずにその変化に全社員が対応できるわけではない場合も多々あります。変革によって社員に求められることがどのように変わったのかを知る機会を与え、その要求に応えられるようにするには何が必要かについて理解を促す研修を行うことは必須です。さらに研修を通して変化に対応できるようになったという実感を持ってもらえるのが理想的でしょう。そのため、社内の状況をよく調査した上で内容ややり方を決めるのが大切です。

人材育成のセミナーは専門的な知識と豊富な経験を持った方が講師をしますので、参加するだけの価値がある話が聴けます。